負け組ファミリーの新築計画

新築メーカー(一条工務店)決定までの経緯をまとめつつ時々住み心地なども報告しようかなぁと思います。

風呂について考察

おはこんばんちは 負け犬じじいです。


築50年の昭和の家での生活から、i-Smartでの生活になった事で変わった生活習慣があります。


それは、湯加減をみると言う段取りが無くなった事。


負け犬家では、最初に父、次に負け犬が入浴し、途切れる事無く連続で入るようにしていました。


熱いお湯を好んでいた父の後では、そのままの湯温での入浴は困難でした。よって常に水で湯温を下げる必要がありました。


平成の21世紀では当たり前になっていたのだろうとは思いますが、デジタルに温度設定出来るなどと言うのは負け犬にとっては革命です。


手で湯温を確認し水で薄めてしっかりかきまぜて、その後にやっと入浴と言う段取りが一切無くなりました。


また、昭和の家では30分以内に風呂から上がっていたのに、今は気づけば一時間以上入っている事もあります。


入浴中の段取りは同じなんですけど....これはやはり、熱いお湯か、気持ち良いお湯かの違いですね。



負け犬家では I-Smart標準の SMART Bath では無く i-スタンダードを選択しました。


設計時、介護の必要性から議論したときに勧められたので選択したのです。


正直カタログを見ると、スマートバスが前面に出ていて、かっこよく紹介されていたので妥協の選択でしたが(i-スタンダードは小っちゃくしか出てない ほぼおまけ程度)


使ってみて、案外悪くない選択だったかな~と今では思っています。


悪くない点1 バスタブ形状
標準は、四角ですが、人型? 頭の位置が定まるようになっています。


  これが介護を考えたときに勧められた理由だと思いますが、健常者である負け犬にとっても楽なような気がします。
体の位置が、おのずと決まりますから無駄な力を使わないのではないかと思います。


悪くない点2 鏡
 多分 標準の横向きの鏡を縦にしただけだと思いますが、これで全身ボディチェックが出来ます。


 浴室に入った瞬間、現実を直視できます?(いや直視せざるを得ません。)
思わずライザップのBGMを脳内で奏でながら鏡の前で一周してます。
最後は、なぜか?がっかりポーズになります。


 何とかせねばといつも思います。


悪くない点3 棚 
 鏡に向かって浴槽と反対側に小さい棚が3段付いてます。


 いつの間にか各自の専用棚が決まり、シャンプーなど整理できてます。


その他の細かい仕様は多分共通なので、使い勝手では案外悪くないかもと思ってます。



唯一気になっていること。何とかならないのか?と思っていることは シャワーホースの引き回しです。


シャワーヘッドを下段にセットするとカウンターの上をホースがヘビのようになり邪魔になります。


多分標準でも同じだと思いますが、昭和の家では気になりませんでした。カウンターも無かったのですが


キッチン蛇口みたいに伸縮できないのかな~ 天井から引っ張るようにするとか、無理か~ 


それならカウンター形状にもう一工夫してホースの逃げ道を作って欲しいな~


乾燥について考察

おはこんばんちは 負け犬じじいです。


i-Smart は、乾燥すると営業担当等関係者から常々言われていました。


生活してみて...やっぱり乾燥してます。


気づくと、頭や背中をぼりぼり掻いてます。肌も乾燥している...?
...これは加齢のせいかもしれません。


夜中に口が渇いて目が覚めます。どうやら口を開けて寝ているみたいです。


口を閉じれば問題ないのですが、そこがなかなか難しい。


設計者には加湿器買って下さい。」と、言われましたが、取りあえず様子を見ようと思っている間にを越しました。


必要とは思いますが、床暖の温度設定によっては必須でも無さそうです。


加湿器の性能にもよると思いますが頻繁に水補給しなきゃいけないとか、


窓の結露の問題とかも併せて考えなければいけなくなりますし...


負け犬は控えめな温度設定にしました。


狙いはジャージ、トレーナー姿で寒くない温度。暖かいとか暑いと感じるレベルにはしませんでした。


それでも足下から暖まるせいか苦に感じません


i-Smart内に滞在していると物足りない温度に感じますが、そういう温度設定でも、旧宅と行き来すると超暖かく感じます。



乾燥によるメリットもあります。


扉を全開にすることで、浴室内も乾きます。もちろん入浴直後は換気扇を使いますが落ち着いたところで全開にします。


これにより、カビの発生を防げそうな気がします。半年以上経過してますが、目視レベルでは新築時のレベルを維持できてます。



食洗機も開けてます。


元々住人が少ないので食洗機の使用頻度も少なく、主に水切りかご代わりに使ってます。


経験的に分かったことは、食洗機をしっかり閉じてしまうと次の食事で使うタイミングでも食器が濡れていますが、食器を正しく並べ、開けておけば乾くと言う事。


食洗機として使った場合も、食器を実際に洗う時間よりも乾燥の時間の方が長いように感じます。


よって、乾燥に入った段階で食洗機の動作を終了させて、食洗機を開けてます。


この方法は深夜に食洗機を動かしている場合は無理だと思いますが、乾燥って電気使いそうですし、せっかちな負け犬にとっては、途中中断って言うのは、なかなか良いアイデアじゃね?と思ったりしてます。


時計とか見なければならないので、合理性に欠けるのかも知れませんが



そんなこんなで春が近づいてくると気づくのがクロスの割れです。負け犬家でもご多分に漏れず、しっかり割れてきました。


壁が90度で交錯しているところです。 これも多分乾燥の効果ですよねぇ


新居の引き渡しの際、メンテセットです。と渡された工具の中にクロス用のコーキングも入っていました。


ウルウルした目で監督さんは説明してくれてた。これはつまり、


こんな事は自分でやれよ!俺(監督)を呼ぶなよ!と言うメッセージだったのかなぁと負け犬なりに解釈しました。


と、言うわけで割れきったかなぁと思われる3月に、腰が半端なく重い負け犬ですがコーキング作業実施しました。


何だかなぁと思いながらの、 どぅ いっと ゆぁせぇるふ です。


やってみると、思っていた以上に簡単にできました。


ただ、吹き抜けが....どうしようか? 長考中





住まいの給付金手続き やってみた。

おはこんばんちは 負け犬じじいです。


登記(表題登記)が何とか終わったところで引き続き、住まいの給付金の手続きを行いました。


ネットで検索すると手続き方法も公開されています。



消費税が5%から8%に上がった事を踏まえ、一定の条件に当てはまる人へ支給される制度らしいです。


とはいえ、消費税増税分を考えると支給される金額はMAXでも30万...微々たるものです。


微々たるものと思いつつも支給条件に負け犬は合致しますので、家財道具購入の足しにすべく動きました。



まず必要な書類を揃えます。


住民票、課税証明書、登記書類、工事請負契約書、検査実施確認書、通帳、
現金取得者向け新築対象住宅証明書


あれっ?


全部持っていると思ったら、新築対象住宅証明書が無い


この頃には、担当営業も辞めていて誰に話して良いか分からない。


まあ、悩んでも仕方ないので営業所へ連絡すると、準備できると言う事だった。


でも別途3万3千円必要らしい。


そういう費用を節約するために自力でやっているのにと思いつつ、
どう見ても専門家にしか書けない書類だったのでやむなく依頼した。


数週間後、書類と請求書を受け取る。


さて、これで書類揃ったのかな~と最終チェックしていると


登記手続きに問題ある事発覚


負け犬が実施した手続きは表題登記手続き 家が出来ましたと言う事を明確にするもの


これは、新築オーナーの義務と言う事になっているらしい


しかし、給付金手続きには、所有権保存登記が必要と判明 所有権は誰にあるのか明確にするものらしい。


借金の担保等にする場合は必須なようですね。そういう事は関係ないと思い手続きを取っていなかった。


仕方ないなぁと言う事で、こちらのサイトを参考に実施した。



やり方を教えてくれる情報を公開して下さっている皆様方に感謝です。


今回も、ほぼそのまま、解説情報通りに手続き書類を作成し法務局に提出


所有権保存登記は超楽勝 一発で通りました。


しかし、ここで、登録免許税なるものが取られます。1万2千円


節約するつもりが、ちょいちょい痛い出費


もしかして、事前に用意された書類も、給付金でしか使わない書類が、あったのかな?


だとすれば、そこでも余計な費用がかかっていたかも


30万回収するつもりが、負け犬は何だかんだで5万ぐらい使っている。


自力でやってこういう状態なので人を使ってやったら果たして幾らかかるのだろう?


損益分岐点をよく考えて給付金の手続きもやった方が良さそうです。


書類提出も完了し取りあえず、今は入金連絡待ちです。