負け組ファミリーの新築計画

新築メーカー(一条工務店)決定までの経緯を報告しようかなぁと思います。

オプションについての考え方

おはこんばんちは、負け犬じじいです。


i-Smartの建築費用は現金で支払う事にしています。


よって支払金額の上限は決まっています。
ローンなら上限に幅もあるのだと思いますが...


外構工事も行いたいし...



自ずと、建築費用のUPにつながるオプション類は抑える事としました。


設計を始めるにあたり、先輩i-Smartオーナーのお宅を見学させて頂いたりしました。


大いに参考にさせて頂きましたが、負け犬と違い、考えられるオプションを全て付けたようなリッチなオーナーさんでした。


トイレのフタが自動で開閉したり、一つの窓にハニカムが2連で付いていたりと負け犬にとっては明らかに過剰スペックでした。



そこで事前に負け犬家の方針を決めて設計に臨みました。


 ①基本的に実用の伴わない物は採用しない。


 ②将来交換となった時に同じスペックの物を再度取り付けたいと思うか。
  そう感じられなければ採用しない。


この方針で進めた結果、人気の定番オプションはバッサリとカットとなりました。


御影石系のオプション不採用、タッチレス水洗も不採用です。


基本御影石だからといってできることは何も変わらない。


あえて理由を付けるとすれば、ガラスのテーブルにグラスを置くときの「カツッ」と言う音がです。


木製のテーブルなら特に割れることを意識せず乱暴にグラスを置けますし...
もちろん負け惜しみですが...



多分キッチン系で最初に交換時期を迎えるのは蛇口です。


ホームセンターへ行けば交換用蛇口が手に入ります。頑張れば自力で交換もできます。


普通の蛇口でも数万円するのに...タッチレス水洗... 


病院とかに有りますが、水量の調整とか、掛け流ししたい時とか どうなんだろう?


負け犬家では不採用です。



またテレビボードは一条から強烈に純正品を勧められました。


これは同等スペックの物がニトリに有りましたので一条純正品は不採用です。


背面に穴を開ける必要がありそうですが、そういう事は自力で行います。これだけでもかなり節約になりました。




そもそも、貧乏な負け犬がi-Smartに手を出してしまったこと自体が、身の丈を越えたオプションだったような気がします。


見たり聞いたりして、情報が入れば色々豪華な物を付けたくなりますが、身の丈を考えて初心を思い出してみました。


そもそも新築にあたり、欲しかったのは 暖かい家 であり、 床暖 です。
それがあれば 充分 ではないかと思っています。



そんなわけで、だらだらと蛇足として設計編を書いてきましたが、このあたりで終了とします。


当初の見込みより長期連載になってしまいました。


現在建築が始まっておりますので、気が向いたら完成した頃にインプレッションを報告しようかなぁと思っています。


閲覧頂きありがとうございました。


まさかのノープラン

おはこんばんちは、負け犬じじいです。


負け犬は北東北在住です。


東日本大震災を体験しました。
その際、大停電に見舞われ当時大活躍したのはガスでした。


コンビニから商品が消える中、ほっかほか亭などの弁当屋は営業してました。


ガスが有ることで、米炊き、揚げ物の調理ができてました。


負け犬家でも、緊急対応と言う事でガスで米を炊きました。調理もできました。


そういう記憶がまだ鮮明に残っているので、新築にあたりオール電化を勧められましたが
IHでは無くガスを選択しました。


燃料費という意味では不利になりますが、そこは保険と言う意味合いもあります。


ガスは普通に一条の選択肢に有りましたし普通にキッチンにビルドインされるようだし問題が発生するとは全く考えていませんでした。


打合せも普通に進みそろそろ最終決定なのかな~と考えつつ電源コンセントの配置を議論をしていた時、負け犬は気づきました。


「そーいえばガス漏れ検知器 どこに付けるんだっけ?」
「そこにも電源必要だよね。」


超素朴な質問です。当然考えられているものと思ってました。


設計者&営業担当者 「・・・」 長い沈黙 


負け犬 「えっ?」「まさか考えて無いの?」


設計者 都市ガスの場合、天井に付けるんです。」 


負け犬 「いや、負け犬家はプロパンガスだから...」 
    「だいぶ前に契約しているガス会社についても聞いてきたから教えたじゃない」


負け犬 プロパンガスのガス漏れ検知器はだから... 」
    「キッチンもカップボードも引き出しは壁すれすれを通るよね。」
    「壁面には付けられそうに無いよね。」


色々議論した結果、まさかのノープラン IHへの変更を勧められた。
結局その日の打合せでは結論出ず。


そもそも、対策案も無いのにラインナップに並べているのか? 
不信感でいっぱいになりました。


これもまた設計者の質による問題かも知れません。
経験豊富なベテランに見えましたが、なぜアイデアが無いのか?
ガスを希望する客が今までいなかったのか?よく分かりません。



・・・・ 結局どうしたか? ・・・・  


私が案を練りました。 案が出てこないので仕方ないですよね。


キッチンはガス、電気がつながるし換気扇配置の問題もある。動かせない。


ならばカップボードを動かそう。


ガス漏れ検知器の厚みの分だけ、カップボードを壁面から離しました。


もちろん隙間は隠すように施工して貰います。


例外的な工事を要求すると

おはこんばんちは、負け犬じじいです。


設計打合せを進めてくると、各家庭の事情によってやりたいことが発生してくると思います。


負け犬家の場合、大きなアイテム


①仏壇を置くスペース(台)をリビングに作りたい


②家に上がりやすいように玄関土間とフローリング面との間に階段のように一段加えたい


①については、i-Smart建築の最大の出資者は亡き父です。
   丁重に扱わなければいけません。


②については、後期高齢者の母が出入りするには、ちょっと厳しい高さのような気がしたので要求しました。


それに対する一条の対応は...まさかの...


業者を紹介するから、後で付けてくれと言うツレナイ対応。


いずれも、大工なら棚を作るようなレベルの簡単な工事だと私は認識していましたので


あれっ? え~ なんで~?と思いました。


もしかして、i-Smartは工場で作ってくるから現場に大工はいないのかな?
と、一瞬思いましたが 確認したところ、そんな事は無さそうです。


(例外的な工事は嫌なんだな~)と、負け犬には感じました。
 設計者にもよるかも知れませんけど...


では、用意された選択肢から選んどけば何の問題も生じないのか?と言うと...


負け犬家の場合 あんた本当に考えているのか!と言いたくなる事件が発生しました。