負け組ファミリーの新築計画

新築メーカー(一条工務店)決定までの経緯を報告しようかなぁと思います。

最終決定 その後

おはこんばんちは、負け犬じじいです。


一条に決定の連絡をしたあと、その他の3社の担当者へ断りの連絡を入れる事に
しました。


不採択の理由などを簡潔に伝え、「ごめんなさい」とお詫びの挨拶をするためです。



土屋のムーミン・・・ 丁重な別れのご挨拶を頂きました。


日本ハウスのぽっちゃり君・・・ ごめんなさいと伝えると意外な反応が...


  ぽっちゃり
  「今から見積もり、カタログなど回収に伺わせて頂いてもよろしいですか?」


  負け犬
  「えっ?」 
  「集めたカタログ、持っててもゴミになるだけだから別に良いけど」


すぐ負け犬家へ現れました。他社のカタログを集めて研究材料にするそうです。


カタログを渡しつつ色々会話しましたが、気まずい雰囲気になるかと思いきや

この時が一番フランクに話ができました。

流石に営業さんは競合他社さんに顔バレしているため、直接集めることは、
できないそうです。


 ・最初の段階から受注は厳しいと思っていたこと。
 ・勝負を賭けてZEHを提案してきたこと。
 ・一条の店長は相当の強者である事。
 ・かなり一条に客をさらわれていたらしい事。など など
                   本音が聞けて意外に楽しかったです。


ミサワホームのパーマ君・・・


 電話口で受付のお姉さんにパーマ君を呼んで欲しいと言うと、電話口で何やら
 怪しい雰囲気が...


微妙な間が開いた後、...結局...「出かけています。」と回答される。


「んじゃ、また電話するね」と伝え受話器を置いたのですが、1時間後...


パーマ君がアポ無しで現れました。 何やら紙を持っている。


紙を見たい気持ちもあったけど、ここは即座に一条に決めたと伝えました。


一条は過去に負け犬の住む地域から撤退した事がある事。(不遇の時代もあったのね)


契約してから揉めることもあることなど、粘りの説得がありました。


「揉めたときには、お宅にお願いするから」と、伝え引き取って貰いました。


「細かい話は契約後に」と、負け犬も言われましたので、その辺は分かる気がします。


流石に涙目になってましたが、ここは、すっぱり「ごめんなさい」です。


「本当にごめんなさい。」一番色々教えて頂きました。



以上 負け犬が一条工務店を選択するまでのストーリーでした。


この後の段取りは概ね他のブロガーさんが書かれている通り進んでいます。


さて、どうなるのか? 期待通りの家ができるのか? ドキドキです。



現在基礎工事中 8月引き渡しのはずが、何故か10月引き渡し予定です。


何でだっけ? 今回は細かい話は省略します。ご存じですよね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。