負け組ファミリーの新築計画

新築メーカー(一条工務店)決定までの経緯をまとめつつ時々住み心地なども報告しようかなぁと思います。

窓についての考え方

おはこんばんちは 負け犬じじいです。


全館床暖房のi-Smartを選択したことで、北東北の冬を、期待通りの結果で乗り切ることができ満足していました。


...ですが、気温が上がってくるにつれ、もしかして判断ミスしちゃったのか?と思う場面が発生してきました。


冬は、太陽光を取込み、室温を上げてくれた吹き抜けの大型窓...何か暑くない?


そのために標準装備してるじゃん ハニカムを...っと、言う感じでしのいできましたが、だんだんにそれでも、対応できなくなってくる。


外に出てみると、まだ午前中は肌寒いのに....で、ある。


そこで、考えるのは、エアコンを使うべきか、窓を開けるべきか...


設計時の負け犬の設計思想は


暖房するから、窓開けない。
冷房するから、窓開けない。
花粉が飛ぶから、窓開けない。
・近年はも、鼻、のどがむずむずするので、窓開けたくない。


って、事は窓開ける必要無いじゃん....そんな感じでした。


で、設計時に提案された窓の構成について力を入れて議論を交わしたのは、ご近所の視線を考慮して、透明ガラスとスリガラスの扱いとか、窓の大きさとか、場所とかでした。


これじゃぁ玄関真っ暗だ~(最近の家は玄関 暗過ぎやん)で、 
標準のシューズウォール却下して窓追加


これじゃぁ階段真っ暗だ~ (昼から照明付けたくないやん)で、窓追加


...なんて、感じ


そんなわけで、


負け犬「ここの窓開くんだっけ?」 


設計担当「FIX窓です。開閉式にするとオプション1万円です。」


負け犬「むむっ んじゃ、いいやこのままで」


...って事で、手の届く窓なのに開かない窓を作ってしまった。



某TV番組の池上解説によると、早朝、花粉はまだそんなに飛んでいないらしい。


そんな訳で暑くなってきたことに対して、悩んだ末に試したことは起床後、即家中の全窓開放、朝食完了後 窓閉鎖の動作です。


 これで一気に5~6度も室温が下がりました。


この状態で外光の侵入を遮断すれば、夕方まで過ごしやすい温度をキープできてました。


花粉的にも、実感として何とか耐えられるレベルです。


でも早朝の温度が徐々に上がるにつれこの作戦も使えなくなっていきました。


多分空気の抜ける流れが悪いからです。家の中を歩くと、空気の冷たい場所と、暖かい場所が何となく分かります。


FIX窓周辺は、やっぱり生暖かい....
(開けられるようにしといた方が良かったのかなぁ)反省してます。


...もう、どうにもなりませんが...


ロスガードに熱交換機能を停止するスイッチとかあるんじゃない?と期待しつつ取説チェックしましたが、そんな機能もスイッチも無く...


がっかりです。


熱交換やらずに単に換気だけにした方がロスガードも楽でしょう!
なんでそう言う機能が無いんだ~!


...負け犬の独り言です。


5月後半からは窓開けは止めてエアコンを使い始めています。暑さ対策はこの先色々試行錯誤してみます。


気が向いたらシーズン3?でそのあたりは報告しようかなぁと思います。



プライベートルームのテレビ配置

おはこんばんちは 負け犬じじいです。


新築にあたり、負け犬はプライベートルームを確保しました。


しかし、LDKはじめ、その他の部屋のレイアウト検討に力を注いだため、負け犬部屋の検討は後回しにしていました。


寝られればOKと思ってましたので...


その結果の残念なレイアウトはこちら...


負け犬部屋



クローゼットは、もっと奥行きの浅いタイプを設計終盤に希望したのですが、結局フルサイズのタイプを強くプッシュされ何となく受け入れてしまった。


強い意志を示さないと結局押し切られてしまいます。


衣服もそんなに持っていない負け犬なのに、何でフルサイズのクローゼットにされたのか? 


要するに情報BOXを付けたかったんだろうなぁ~と後になって気づきました。


まぁ情報BOXを管理するのは負け犬しかいないので 、負け犬部屋にあっても良いけど、他の場所でも良かったんじゃないかな~と思います。


そんなこんなで、テレビの配置が入り口付近にあるので、これでは、ドアが全開にできません。


また、ベッドの位置が中途半端なうえに、寝ながらTVを見るのは厳しいです。


テレビを見ながら寝落ちしたい負け犬にとって 重要 な問題です。


こんな事を建築中に気づき反省してました。もう変更できないしなぁ~....と



旧宅では15インチのアナログ液晶テレビに地デジ対応の録画機をつないで視聴していました。


買い換えようと思いつつも、何となくタイミングをつかめずダラダラと日々経過していました。


そのため、新居では小型の液晶テレビを購入しようと色々リサーチ...


国産にこだわると、最低でも32インチになります。15インチで間に合ってるんだけどなぁ~と思いつつ、中国製じゃ納得いかない。


そんなわけで、せっかくだし....と言う事で32インチに決定


そんな中、改めて仕様をよく見ると、サイズがでかくなっても重量が軽い事に気づきます。わずか 5kg です。


リビングの絶滅機種プラズマTV45インチを大人二人がかりで移動した事を考えると相当軽量化されています。


っと言う事は、...もしかしてPC用モニターアームと連結できるんじゃない?  スペック的にはどうなの?



...と、言うわけで検討した結果、こうなりました

tv配置 1


こんな角度や

tv 2


こんな事も

tv3



採用したモニターアームは下記シリーズの壁面取付タイプ


Amazonベーシック モニターアーム シングル (モニターサイズ:32インチまで)
Amazonベーシック モニターアーム シングル (モニターサイズ:32インチまで)
AmazonBasics
家電&カメラ



 微妙にスペック外れていますが、そこは自己責任です。


取付穴ピッチのズレはホームセンターで金具を調達し精神力で合わせ込みました。


また、壁面補強していなかったので、自主的に後付けで壁を補強


アンテナと電源は情報BOXから引っ張りました。
録画機やPS4などの付帯機器はクローゼットの中に収納しています。


情報BOXとクローゼットが繋がるルートを試行錯誤しながら掘削。
(建築中に構造をよく見ておけば良かった。無駄な穴をあけてしまった。)


テレビに繋がるケーブルを出すため情報BOXにも穴加工を施しました。


これにより、テレビ関連機器の床面占有率0%になりました。すっきりです。



また、テレビは固定設置と言う先入観打破により、テレビを見ながらの寝落ちもOKです。


ちなみに、情報BOX横にはダミーのエアコン用の穴を付けてもらいました。
ここを通して旧宅とLANケーブルをつなげています。




夜な夜な起こる怪奇現象

おはこんばんちは 負け犬じじいです。


負け犬家の玄関先に照明がついています。
そう、帰宅時玄関先に立つと点灯する、人感センサー付きの...


これが時々誰もいないにも関わらず、点灯している時があります。


...ホラーです。.... やべ~ 何かに取り憑かれたのか~... 


玄関扉越しに、何か見えるような、見えないような...気配があるような無いような...


「ぁあっ~ 親父が来てるのか... 南無阿弥陀仏 成仏してくれ~」 っと、拝んだりもしていました。


その昔 ムーって雑誌を熱心に読んでた事もありました。


今もあるのかなぁ 結構どきどきしておもしろかった。意外に信じてました。



そんな日々を何日か経るにつれ、しばらくして気づいたこと、それは共通して風が強い日だと気づきました。


低気圧の前線が発達してます。とか、天気予報で警報出ているときは要注意です。



負け犬はエンジニアです。これに気づけば、こっちのもの、早速取説をチェックしました。


見ると、風が強い日は点灯することがあります。
...ふんふん...で、対策は....特に無さそう....


感度が強いって事かな...でも、素人には調整出来なさそう....


結局、強風の日はスイッチOFFにすることにしました。ダサい結末です。 
もっと良い解決策はないのかなぁ~