負け組ファミリーの新築計画

新築メーカー(一条工務店)決定までの経緯を報告しようかなぁと思います。

背景を良く確認すると...

おはこんばんちは、負け犬じじいです。


ミサワのプラン案あっさり設計終了と思っていたら、そこは、やっぱり他社の


設計案をそのまま受け入れる訳も無く、設計者としてのプライドもあるでしょうし


色々変わっていきました。


部屋の位置を入れ替えたり、床面積を減らすために、吹き抜けを追加したり手を加えました。


間取りがおおむね決まってくると、外観の3Dパースがやっと提示されます。


その後の打合せで、ドアの色を変更するとか、間取りを変えるとか変更を加えると


打合せの都度、3Dパースも改めて提示されます。



このやりとりの中で気づいたこと、それは、外壁の色変更とか微妙な変更であっても


何故か背景が、その都度大きく変わっている事


家が大きく変わってないのに、玄関のシンボルツリーが毎回違う。背景の山が違う



聞いてみると、このデータの作成も国内ではやっていないそうです。


日本人のスタッフがやっていれば、こんなところには絶対時間を使うことはしないでしょう。


現地スタッフが色々楽しんでいる姿が想像できます。


そんな時間的なゆとりがあるなら、家の内部の3Dパースも作ってくれれば良いのにと


考えるのは私だけでしょうか?


打合せを重ねる中、i-SMART だからなのか、設計方針で気づいた事が色々発生してきます。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。