負け組ファミリーの新築計画

新築メーカー(一条工務店)決定までの経緯を報告しようかなぁと思います。

ミサワの見積もり回答

おはこんばんちは、負け犬じじいです。


ミサワの営業所へ出向きました。受付では8頭身美人が迎えてくれます。


じっくり会話をしたいところですが、毎回呼び出し依頼をする前に、すぐに


中堅営業のパーマ君が出てくる。


(お前 早く出てくるんじゃねぇ~!  案内してもらえないじゃないか~)


負け犬の心の声です。



パーマ「お時間かかって申し訳ございません。床暖の図面を作成させて見積もり取ってました。」


負け犬「別に急いでないから大丈夫だよ」


間取り、及び床暖の図面の説明を一通り受けたところで、

パーマ「...ところで、他社さんはどんな感じですか?」


これまでの顛末を一通り説明し、見積書をそのまま見せた。


負け犬「一条は最後じゃ無いと嫌なんだってさ。」


パーマ「私どもはそういう駆け引きはしませんから」と、言いつつ


日本ハウスの見積もりと土屋の見積もりを眺め...手が止まる。


パーマ「負け犬さん、私どもではこの金額は難しいです。


負け犬「そうなの? ...で、幾らなの?」


おもむろに、見積書を2種類 提示してきた。


木質パネル構造バージョン2970万在来工法バージョン2820万である。


ミサワ一押しの木質パネルと在来工法との価格差は150万程度


2000万で建てようと思い立ち動き始めた負け犬でしたが、もはや3000万の
見積もりを提示されても動じなくなっております。


「やっぱりか~」って感じです。家本体でこの金額になってしまうと外構工事は大変厳しい。


でも、家本体あっての外構ですので、取りあえず外構は後で考えることにします。



しかし、パーマのリアクションを見ると土屋の価格は本当に安い価格のようだ。


パーマ君が最後に発した言葉、


「私どもに決めて頂けるなら、上司に直談判致します。是非よろしくお願いします。」


もう少し頑張れるって事ね。余裕を見た見積もりなのかもしれません。


でも土屋の金額とは勝負できない。そういうことで何となく金額の幅が見えた気がする。


これを踏まえて、一条に見積もりを要求する事になります。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。