負け組ファミリーの新築計画

新築メーカー(一条工務店)決定までの経緯を報告しようかなぁと思います。

土屋ホームの提案

おはこんばんちは、負け犬じじいです。


土屋ホームより間取り案ができたと連絡が入りました。


その際、担当営業ムーミンがしつこく言ってきた事、それは姉も連れて来い
いう事でした。


姉も同伴となると日曜日しかないよと話しましたが、「是非お願いします。」と言う事でした。


日程調整の後、後日、土屋ホームのモデルハウスへ


基本的にハウスメーカーとの打ち合わせ、情報収集は私が一任されておりましたので、


出不精の姉にとっては初見学です。


前回、土屋ホームのモデルハウス見学の際は営業さん不在でしたので、私も改めて見学しました。


例のムーミン営業マンの説明で、断熱、床下暖房等説明を受けました。


負け犬「土屋ホームって北海道の会社だよね。暖房については疑って無いんだけどさ~」


負け犬「C値、Q値ってどうなの? 色々言っているところあるんだけど...」


ムーミン「あれって、地域によって違うんですよね~」


(...意味が分からない...はぐらかされたのかな?...)


ムーミン「負け犬さん、現実的なサイズの建物が近くにありますので、そちらに移動しましょう。」


近くに建て売りの物件があるらしい。


移動後、物件内を見学しました。装備的にも現実感があるのか?何となく普通な感じ


こちらでは、ムーミンに加えて大魔神も合流


二人とも私よりも姉に対して熱心に説明している。これは営業の作戦なんだと思います。


色々説明を聞いて分かった事。それは、土屋のスタンスは建物以外は他からの入手OKと言う事


照明など、お抱えの電気屋とかに任せることも可能と説明を受けました。


その辺りは柔軟です。


説明を一通り受けた後、おもむろに間取り案、および見積書を提示してきた。


負け犬「あれ?まだ、間取り案だけで良かったんだけど...」


負け犬「イメージ固まってからの見積もりお願いしようと思っていたんですけど...」


大魔神「そんなにじっくりもできませんので....」


負け犬「そーなんだ....」


見積書を見ると2400と言う数字が...


大魔神「如何でしょう?」


 払えるのか?と言う感じで 大魔神、ムーミンが私を見ている。


負け犬「大丈夫ですよ」「分かりました。検討致します。」


どうやら、土屋ホームとの交渉はここで終わりのようだ。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。