負け組ファミリーの新築計画

新築メーカー(一条工務店)決定までの経緯を報告しようかなぁと思います。

モデルハウス リターンズ その2

おはこんばんちは、負け犬じじいです。


引き続き、一条工務店のモデルハウスに入りました。


先客がいるようです。 話しが盛り上げっている声が聞こえます。


んっ? シューズBOXの上に名前、連絡先を書くように促された紙がある。


「まあ、それぐらいなら」と記入


さて...っと振り返ると、満面の営業スマイルで女性が立っていた。


「うぉっ!」 いつの間に俺の背後を取ったんだ。


「どうぞ」と促されるも、スリッパ無し...よく見ると誰もスリッパ履いてない


そもそも用意してないって事?... 聞けば床暖をアピールするためらしい。


...そういう事だったのね...


暖かさをアピールする会社は普通にやっている作戦なのかもと納得...


でも、今の季節は「春」 効果なんて分からないんですけど...


そうこうしながら、ハウス内を案内される。


建物はセゾン 自分の趣味とは何か違う印象 昭和っぽいのかな? 


好みが分かれそうな内装です。


営業スマイル住宅性能で一等賞頂きました。


負け犬 「へ~ そーなの~」


営業スマイルC値が...Q値が...


負け犬「何それ? ふーん」


営業スマイル標準で全館床暖房です。

日本ハウス見学で、諦めかけていた床暖には、つい反応


負け犬「全館って?」

営業スマイル1階も2階も、玄関のコンクリートの土間も全てです。

負け犬「な~に~!」


負け犬「メンテ費用とかも考えないとダメだよね~ 屋根とか壁とか」


営業スマイル屋根はソーラーに、壁はタイルにしてしまえば塗り替え必要無いです。」

負け犬「なんだと~!」


負け犬「シロアリとか心配だよね」


営業スマイル「薬剤を注入した柱を使ってますので75年間大丈夫です」


負け犬「これだけの装備になるなら高いんでしょ?」

営業スマイル「見積もり作りましょうか?」


負け犬「んっ...まだいい 間取りを決めてから...」


家の雰囲気はともかく、性能に関しては好印象です。


取りあえず、持ち帰って検討することにした。


事務員と思っていたら、その女性は営業担当者だった。


道理でアピール上手なわけだ。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。