負け組ファミリーの新築計画

新築メーカー(一条工務店)決定までの経緯を報告しようかなぁと思います。

モデルハウス巡り その1

おはこんばんちは、負け犬じじいです。


そんなわけで、モデルハウス巡りを始めました。


まずは一件目、結果としてアポ取り済のミサワホームへ乗り込むと例の中堅営業さんが
迎えてくれました。


リビング、キッチン、バス、蔵と案内してもらった。


昭和の家に住んでいる小市民には全て新鮮に見えました。「おーっ」って言う感じです。


ただ、畳数の割に狭く見えます。やはりソファーなどの家具の存在が空間を圧迫して
いるのでしょうか?


その後、阪神大震災の時の映像を視聴、鉄板の営業トークを復習し...


負け犬家のプランを見せてもらった。


 それが、スマートスタイル モデルK 34坪


一見すると平屋に見えるコンパクトなモデルです。


風呂が一階にあるにも関わらず、私が作ったプランより広く見える。
取りあえず持ち帰り検討することに



引き続き、隣に立つ日本ハウスへ乗り込む。


すると、ぽっちゃり系の兄ちゃんが対応してくれた。


カタログを持参してくれた人の名刺を見せて「この人いる?」と聞くと別の営業所の
人間らしい


「え~そんな遠くから来てたの?」...音信不通になったことに納得 


取りあえず建物を見せてもらうと、


ぽっちゃり「国産のを使ってます。はシロアリに食べられません。耐震もしっかり
      対策してます。」


ぽっちゃり「サッシはトリプルです」


負け犬「と...トリプルって3重って事?」


昭和で思考が止まっている人間にはテンションMAXです。建てる職人も自前とのこと。準社員らしい。


負け犬「おー いいねぇ...暖房は?」


ぽっちゃり「パネルヒーターです。」


ふと見ると、窓下や壁面にうねうねしたものが...


負け犬「へー、床暖は?」


ぽっちゃり「室温を暖めるためには、床面が熱くなりすぎて歩けなくなります。
      よってダメです。」


負け犬「あれ~...ダメなの?...」


床暖に期待していたのに、床暖ってダメなんだ...ちょっとテンション下がりました。


2件巡って外に出たら、既に真っ暗...各社熱心に説明してくれたため一社30分
つもりが2時間以上かかってしまった。



これじゃ、とても全ては回れない。


作戦を立て直して、出直すことにしました。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。